お杉の宣言

藤沢のお杉、藤沢に惚れ込みました!

2015年の藤沢市議選に初出馬し、1668人の方が「杉原えいこ」と書いて下さりお杉に投票して頂きましたが、私の力不足で落選致しました。あれから早3年、藤沢愛を失わず、いち市民として藤沢の未来を見つめてまいりました。 落選してからのこの3年間、「お杉は、皆さんのお役に、本当に立てるのか?」

「藤沢の何を改善し、何をのばしたいのか?」を自問自答してまいりました。

 

結論! 「私はやっぱり人と人との懸け橋になりたい!」お年寄り世代 と子育て世代昔からの藤沢市民と新しい藤沢市民。 皆さんの懸け橋になり、一人でも多くの人の生活をお支えしたい。その思いを糧に今日までコツコツと活動をしてまいりました。

 

 お杉が藤沢でやりたいこと。それは藤沢の将来の税収を安定させることです。 その為には少子高齢化対策は欠かせません。将来の労働人口を増やし、皆が共生できる持続的な社会を築くことです。

 

お杉は、肝っ玉母ちゃんでありながら、実はこう見えて、アップルコンピュータ・エルメスジャポンなどの企業で30年経理財務部長を務めてまいりました。 得意とする分野は、予算を組み、予算と実績の分析をする業務でした。 経理として切磋琢磨した30年のお杉の経験を、藤沢市制で必ずお役に立てます

仲の良い友人に「お杉さんって、いつもわざわざ茨の道を選ぶよね」と言われます。本人はわざわざ茨の道を選んでいるつもりはないのです。ただ、自分が信じた道がそこにあるのです。

 

お杉の経理経験は、市会議員の一番の仕事、皆さんの税金がどう使われるのかをチェックする事ができる最大の武器であると自負しております。税金の使い道を精査し、みなさんの税金をみなさんのために適切に使われているかを見守る番人にお杉はなります。そんな決意をもって、取り組んでまいります。

 

とことん惚れ込んだ藤沢の為にお杉が働きます。

 

藤沢のお杉、身も心も藤沢と一緒です!